助産師の資格取得を目指そうと考えている方の中には「赤ちゃんが好きだから」「命の誕生に立ち会いたいから」といった理由から、助産師を目指している方もいると思います。確かに助産師の仕事は赤ちゃんに関わりますから、赤ちゃんが好きな方にとって魅力的ですよね。しかし「好きだから」という理由だけで仕事は出来ません。
ここからは産婦人科看護師の適正について、考えてみましょう。まず、助産師に向いている方としては、精神力があることが必要。助産師の仕事は命の誕生に立ち会う仕事となりますが、時にはその命が消えてしまうこともあります。そんな時に都度落ち込んだり、泣いていると仕事をすることは出来ません。赤ちゃんが好きな方は、こういった場面に立ち会うと、悲しみが大きくなってしまう方もいますから、感情移入しやすい人にとっては助産師の仕事は辛いものとなってしまうでしょう。また、助産師の仕事は体力勝負。出産は、時には何十時間もかかることがあります。その間、常に緊張感を持っている必要がありますから、体力、集中力なども必要となるのです。病院によっては夜勤もありますから、体力がなければ仕事を続けることは難しくなります。そして、命に関わる使途後でもありますから、柔らかい心が必要となります。病院というと、通常は病気の治療をしている患者さんがほとんどですが、産婦人科の場合は命の誕生に携わることになりますから、常に妊婦さんの状態を把握し、サポートしていくことが必要となります。
このように、産婦人科助産師の仕事は適正というものがあります。「赤ちゃんが好きだから」「命の誕生に関わりたい」といった思いだけで助産師を目指してしまうと、理想と現実のギャップに苦しんでしまうこともありますから、これらも踏まえた上で助産師を目指すかどうか見つめ直すと良いでしょう。